寡婦控除・寡夫控除は年齢制限なし!猫でもわかる税金制度

税金の控除はわかりにくいですよね。

でも、わからないから申請しないでいると「控除」もされず税金を多めに払うはめになり損です。

チコちゃん
控除ってなに?
にゃあこ
○○控除が適用されると払う税金が安くなるの!
チコちゃん
ごめん、わかんない…
ピンとこないよ。
にゃあこ
いっぱいあるからね。
今日は寡婦控除と寡夫控除の説明をしていくね。

○○控除とは納税者の負担が軽くなる制度のことです。

控除とは?

控除額の例
  • 障がい者を養っている→26万円
  • 70歳以上の親を養っている→38万円
  • 妻を養っている→33万円
  • 寡婦控除・寡夫控除→27万円

※控除の一部です。

所得から控除額を引くことによって税金の負担が軽くなります。

寡婦控除・寡夫控除忘れてないですか?この控除を忘れている人が多いです

寡婦控除・寡夫控除かふこうじょ・かふこうじょは死別でも適用されるのを知ってましたか。

にゃあこ
今は65歳以上も寡婦控除できるよ!

寡婦・寡夫控除を申請するのを忘れても申請すると5年分さかのぼって適用されます。

寡婦控除とは、女性の納税者が所得税法上の寡婦に当てはまる場合、一定の金額を所得から差し引くことができる所得控除のことをいいます。 同じく寡夫控除とは、男性の納税者が所得税法上の寡夫に当てはまる場合、一定の金額を所得から差し引くことができる所得控除のことをいいます。

引用元:インテグリティ

控除って色んな種類がありますが今回は寡婦控除・寡夫について説明していきます。

寡婦控除とは?

 一般の寡婦とは、納税者本人が、原則としてその年の12月31日の現況で、次のいずれかに当てはまる人です。
(1) 夫と死別し、若しくは夫と離婚した後婚姻をしていない人、又は夫の生死が明らかでない一定の人で、扶養親族がいる人又は生計を一にする子がいる人です。この場合の子は、総所得金額等が38万円以下(令和2年分以後は48万円以下)で、他の人の同一生計配偶者や扶養親族となっていない人に限られます。
(2) 夫と死別した後婚姻をしていない人又は夫の生死が明らかでない一定の人で、合計所得金額が500万円以下の人です。この場合は、扶養親族などの要件はありません。
(注)「夫」とは、民法上の婚姻関係にある者をいいます。

引用元:国税庁

簡単に言うと

    1. 夫と死別し又は夫と離婚したあと結婚をしていない人や夫の生死が明らかでない人
    2. 扶養親族である子がいる
    3. 合計所得金額が500万以下である

の女性が対象です。

寡婦控除は女性の場合は

  • 普通寡婦
  • 特別の寡婦

2種類にに分かれていて上にあげた①~③の寡婦の条件をすべて満たしている場合は「特別の寡婦」といいます。

控除額は以下の通りです。

区分 控除額
一般の寡婦 27万円
特別の寡婦 35万円

寡夫控除の場合

寡夫控除は女性より厳しくて下の3つの条件をすべて満たさなければなりません。

寡夫とは、納税者本人が、原則としてその年の12月31日の現況で、次の三つの要件の全てに当てはまる人です。
(1) 合計所得金額が500万円以下であること。
(2) 妻と死別し、若しくは妻と離婚した後婚姻をしていないこと又は妻の生死が明らかでない一定の人であること。
(3) 生計を一にする子がいること。
この場合の子は、総所得金額等が38万円以下(令和2年分以後は48万円以下)で、他の人の同一生計配偶者や扶養親族になっていない人に限られます。
(注) 「妻」とは、民法上の婚姻関係にある者をいいます。

引用元:国税庁

区分 控除額
寡夫 27万円

寡婦・寡夫控除はどこで申請するの?

控除を適用させるにはご自分で申告してね。会社勤めなら、経理担当者がちゃんと処理してくれますよ。

会社はめんどくさい税金の処理を肩代わりしてくれるよ!
税務署や市役所に書類を提出してるの!

個人や年金受給者は、どんな控除があるのか知っておかないと損をします。

勤めている会社

勤めている会社で「扶養控除等(異動)申告書」に「寡婦・寡夫控除」をチェックして、11月に提出すると会社が、手続きをしてくれます。

ただし

  • 扶養控除等申告書を出さない
  • 適当に書いて出す

のは止めて、経理担当者に聞きながらチェックして正しく記入しましょう。

扶養控除等申告書がTwitterで話題になっていましたね。でも税金は、ややこしいからパニックになる人もいると思います。

会社勤めなら、経理担当者に聞くと5分で解決するので疑問に思ったら聞きましょうね。

それに払い過ぎた税金は確定申告で戻ってくるので安心してください。

税務署の確定申告

確定申告時に「寡婦・寡夫控除」を申請してくださいね。自分で申告しないと、寡婦なのか独身なのかわからないからです。

確定申告は難しく思いますが、税務署の職員さんが丁寧に教えてくれるので初めてでも大丈夫。

収入が低い人や年金のみの人は市役所の税務課で住民税の申告をする

市役所の税務課でも手続きは可能。市役所と税務署はつながっています。

各市区町村で発行できる「課税証明書」は、ご自身に課税された住民税の額を証明するものです。
また、無職であった場合などで収入がなく非課税になっていることを証明する場合にも利用できるので総じて「課税、もしくは非課税証明書」と呼ばれることもあります。

引用元:株式会社ソラボ

私の父が亡くなった後、母の課税証明書を市役所に取りにいきましたが、ずっと無申告なので課税証明書がありませんでした。

にゃあこ
控除はあるのに申告していないので、控除無しです。
自分が行動しないと誰もしてくれませんよ。

急ぎだったので市役所の住民税で手続きをすると、30分後に課税証明書ができました。

豆知識

収入が少ない、年金のみのでも

  • 障害がある
  • 寡婦である
  • シングルマザー
  • 親の面倒をみている

※上の証明書と判子を用意して、住民税の申請をしてくださいね。

福祉関係や入院費が安くなり税金面でも得です。

65歳以上でも寡婦・寡夫控除は適用されるよ!

ご両親のどちらかが亡くなっている場合、寡婦・寡夫控除の条件に該当したら、確定申告か住民税申告時に寡婦・寡夫控除である事を書類上に記入してあげましょう。

怖がらずに市役所や税務署に足を運び、聞いてみてね。ちゃんと教えてくれます。

にゃあこ
知らない事は恥じゃないよ!
聞かない事のほうが恥。
実際に自分の目で見て耳で確かめてみてね。
ネットでは間違った情報も多く流れているもの。

今回はここまでです。寡婦・寡夫控除でした。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

Twitterでフォローしよう