野良猫ママはワンオペ育児で教育ママだった!過酷な環境を乗り越えるため何をするの?

こんにちは!にゃあこです。

野良猫ママは子育て中どんな生活をしているのでしょうか。

過酷な生活をしていて冬は寒く、夏は暑い、食べるものがないなど、大人の野良猫ママでも命を落としてしまう事も多いです。

野良猫で子供も産めるのは、優秀な強い遺伝子を持った選ばれし猫さんだけなのです。

チコちゃん
子猫のうちに命を落とす猫さんが多いんだよ!
大人になるまで生き残れるのは、ごく僅かなのね。

その理由は人間に頼らず、自然に生きていく猫の親子は命がけなんです。母猫に優秀な遺伝子がないと親子共々生き残るのは無理でしょう。

にゃあこ
だから強いオスと交尾するんです。
弱いオスだと他のオス猫に子猫を殺されますから。

元ノネコのチコちゃんの場合はどうやって子育てしてたの?

  • 獲物を捕らえて子猫の餌を確保
  • 食べていいもの悪いものを教える
  • 危険な動物を教える(人間も猫から見れば大きな動物です)
  • 子猫を安全な場所を教える
  • 人間や動物から子猫を守る
  • 狩りを教える
  • 猫社会のルールを教える
  • 天敵から子猫を守る
  • 人間から守る
  • 他のオス猫から子猫を守る
チコちゃん
家猫はいいなぁ…
ミルクとかスーパーで買えるんでしょ。
チコちゃんなんか食べ物ない時は骨でも食べて母乳ださないと子猫が死んじゃう。
たまちゃん
チコママ、たまちゃんも骨とか見てみたい!

子猫は天敵が多いので野良猫ママは教えることがたくさんあります。

オス猫はメス猫の子育て中は他のオス猫から守るため、見回りをしますが子育てには参加しません。

野良猫ママは過酷なワンオペ育児をしてるといえましょう!

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんど

引用元:コトバンク

野良猫ママはどんな教育をしているのか記事にしてみました。

いざ出産!

出産が近づくと野良猫ママは安全な場所をさがし、出産に備えます。

産んだ後に子猫を舐めて、ヘソの尾を噛んでちぎります。その後ヘソの尾に付いている胎盤たいばんを食べます。

猫も出産する時は痛いと思いますが、その後の処置もちゃんとするのですから野良猫ママは偉大ですよね。私達、人間なら無理です。

出産したら子供を食べる事もあるって聞いた事ありませんか?この疑問にお答えします。

母猫が子猫を食べてしまうって本当?
病気で死んでしまった子猫を食べるのは、よくある事です。

ビックリするかもしれませんが野良猫であろうが、血統書付きの家から出した事のない猫であろうが、母猫が子猫を食べてしまう事があります。

にゃあこ
私が飼っていたペルシャの猫さんも一回だけ子猫を食べてしまいました!
ショックでしたよ。
その子猫は病気ですでに死んでいました。

どんな時に食べ食べるの?

  • 何回も人間が赤ちゃんを見にくる
  • 子猫が病気で死んでしまった
  • 母猫が栄養不足で他の子猫を守れないと判断した時
  • 子猫が生きていける環境ではない時

子猫が可愛くても飼い主は必要以上に見ないようにしましょう。危険を感じると食べてしまう事もあります。

理由は?

  • 人間に子猫を取られると思った
  • 死臭を放つ死んだ子猫を側に置くのは他の動物に襲われて危険
  • 他の子猫に病気を感染させないため食べる
  • 栄養不足でお乳が足らない時
  • 子猫を産んだ時期が厳しい環境だった

美味しいから食べているわけではありません。本能的なもので防衛反応です。

子猫を育てる

野良猫ママは寝る暇もなく、子供の世話に追われますが人間と違うところは、メス猫は共同で子育てをするんですよ。

メス猫にはエリアがあって強いメスは餌場から近く繁殖力が高いのです。

強いメス猫を中心に群れをなしています。

チコちゃん
実はテリトリー内はメス猫で構成されている親戚なのね。
だから子育て中は共同作業をするの!
強いオス猫も共有してるのね。
にゃあこ
なるほど血がつながってるんだ!
だから他の子猫の面倒も見れるのね。
ほぉ~夫は共有する場合があるの?
チコちゃん
そうなの~
兄弟や子だったりするのよ。
強いオスはモテるから共有は猫社会では常識なのね。
チコちゃんは2人のオス猫の子供を同時に産めるよ。
にゃあこ
人間で言うとAさんとBさんのそれぞれの遺伝子を持った子供を2人産めるんだ!
なんかすごいね。
猫さんの身体ってどうなってるの?

複数のオス猫の遺伝子を持った子猫を一匹ずつ産めるんですよ?猫って不思議ですね~

さて、ワンオペ育児の野良猫ママですが周りが親戚なので「お互い様」と共同育児をしているので乗り切れるんですよ。

野良猫ママが狩りで留守にしている間は他のママが面倒をみます。それでも狩りに子供の世話に忙しい野良猫ママ。

子猫には天敵が多いので野良猫ママは身体を張って子猫を守ります。子供を守るためなら、どんな大きな動物にも立ち向かっていきます。

だから猫社会ではメス猫が圧倒的に強いのは当然ですね。

子供を教育する

猫は鳴いてはダメ!

野良猫ママは最初に教えるのはミャ~ミャ~鳴いてはダメと噛んで躾ます。野生の猫はサイレントニャ~でコミュニケーションします。

たまちゃん
飼い主助けて!
にゃーにゃー鳴くとチコママが怒ってくるの。
チコママ
鳴くきはサイレントニャ~じゃないと敵に襲われるでしょ!

サイレントニャ~とは?

猫がいつもと同じ表情で「ニャー」と鳴いているしぐさをしているのに、声だけが出ていないことがあります。声が出なくなってしまったのでないかと心配になったことがある飼い主さんもいるかと思いますが、この行動は通称サイレントニャーといい、英語圏では“Silent Meow”と呼ばれ親しまれています。これは声が出なくなったわけではなく、実は人間には聞き取ることのできない周波数で鳴いているのです。

引用元:アクサダイレクト

鳴くということは、天敵に子猫の居場所を教えることになり命を奪われます。だから猫にしか聞こえない「サイレントニャ~」でコミュニケーションするんですね。

食べる物と食べれない物を教える

子猫は、なにを食べていいのかわかりません。野良猫ママが安全なものを自ら食べて教えます。その後子猫たちも安心して食べます。

時には子供のために狩りをしたり、ゴミを漁って食べれる物を子猫の前に運びます。そして先に食べる見本を見せます。

狩りを教える

ある程度大きくなると、野良猫ママは子猫に急所を外した弱っている獲物を持ってきて子猫の前に置きます。

野良猫ママが自ら狩りの見本を見せて教えるんです。子猫は遊びながら狩りを覚えていくんですね。

危険な動物の見分け方

危険な天敵や動物は近寄ってはいけない事を教えます。野生の子猫さんは小さい時からシャ~シャ~と威嚇してきます。

警戒心のない子猫は、すぐ殺されたり食べられてしまいます。だから野良猫ママは、警戒心をとことん教えます。

猫社会のコミュニケーション術

母猫に育てられた事のない子猫や、早く母親から離れた子猫はコミュニケーションが下手です。猫社会でも、人間に飼われても上手く生きていくのが難しいのです。

  • ケンカの終わり方
  • 猫社会での挨拶やルール
  • 甘噛みの爪の出し方を教える
  • コミュニケーション術

これらをマスターしていないと人間に保護されても、家猫にするのはキツくなります。

にゃあこ
母親の愛情は猫社会でも必要なの。
猫も愛情をもらわないと凶暴になるんですよ!

半年後は子猫を追い出す

野良猫ママは一人前になるまで子猫を一生懸命、面倒みるのですが半年後は自立させるため威嚇して追い出します。

メス猫も、自分のテリトリーから追い出しますが、オス猫に対して帰ってこれないぐらい遠くへ追いやるんですよ。

オス猫は、二度と野良猫ママのテリトリーに入ることは出来ないのです。

その理由は?

近親相姦を防ぐためなんです。

なんで近親相姦がダメなの?
にゃあこ
野良猫ママは近親相姦で産まれた子猫が弱いことを本能的に知ってるの!

野生で生きていくためには強い遺伝子が必要なんです。逆に言えば人間に守られている猫さんは、そこまで強い遺伝子じゃなくても大丈夫なんです。

追い出された子猫は、もう二度と野良猫ママに甘える事が出来ないのです。

野良猫の世界は厳しいですよね。

まとめ

元ノネコのチコちゃん

野良猫さんが生き延びてるのは、すごいことなんですよ。

  • 厳しい教育
  • 過酷な環境
  • 最強の遺伝子

をもって健気に生きてきました。その命が人間の手によって簡単に奪われるのは悲しいことです。

賢い野良猫ママに苦労して育てられ、追い出され一生懸命一匹で生きている野良猫さんって愛しく思いませんか。

私は飼い猫にした元ノネコのチコちゃんが愛しくてたまりません。

チコちゃん
もし、野良猫さんに縁があったら家猫にしてくれると嬉しいな。

Twitterでフォローしよう