猫の病気は予測することができる|郵送するだけ簡単な遺伝子検査!

こんにちは!にゃあこです。

猫の遺伝子検査って簡単に出来るって知っていますか?

チコちゃん
遺伝子検査ってなに?
にゃあこ
10年後にかかる病気を知る事ができる遺伝子の検査のことだよ。
チコちゃん
普段の健康診断と同じなの?
にゃあこ
全く別物で、一度調べれば、かかりやすい病気が遺伝子レベルでわかるのよ。
すごくない?
一般家庭で検査出来るようになったのは最近なのよ~

猫ちゃんやワンちゃんは両親の遺伝子を必ず引き継ぎます。

ここでは書きませんが、ハイリスク(悪い遺伝子)同士のオスとメスをかけあわせると病気をもった子猫が生まれます。

純血の猫だけではなく雑種の子も、多頭飼いで近親相姦などで生まれた猫ちゃんも奇形や病気が多く長く生きれない場合もあります。

純血、雑種でも

  • 猫の遺伝子病が気になる
  • 長生きしてほしい
  • 病気を予防したい

将来かかる病気のリスクを減らすために一度きりの遺伝子検査をしておいたほうが、猫ちゃんも長生きできると思います。

家の子はどんな遺伝子をもっているのか不安。

そんな飼い主さんの不安を取り除いてくれるのが猫の遺伝子検査【Pontely】 なんです。

気になるお値段は5,000円~14,000円と決まっているので安心してください。

猫種によってかかりやすい病気があり項目が違います。詳しくブログに書いていきます。

私の飼い猫も、すでに検査済みです。では、猫種ごとにかかりやすい病気をあげていきますね。

猫の遺伝子病ってなに?

にゃあこ
猫種によって発症しやすい病気があります。
前もってどの病気にかかりやすいかわかっていたら予防しやすいですね。
チコちゃん
特に人気の高い猫さんから順番にかかりやすい病気を説明していきます。

スコッティシュ・フォールド

スコティッシュ・フォールド

●多発性嚢胞腎(たはつせいのうほうじん)

罹患猫は腎臓に多数の嚢胞(液体を貯めこんだ球状の袋)ができてしまいます。通常は無症状ですが、病気が進行すると嚢胞が次第に増加し、正常な腎臓組織を圧迫してしまい、最終的には腎不全を起こしてしまいます。嚢胞は腎臓だけでなく肝臓、子宮など他の臓器にも見られる場合もあります。

引用元:pontely

●遺伝性骨軟骨異形成症

罹患猫は手足や尻尾、あるいは背骨に骨瘤(骨が増殖して瘤の状態になったもの)が発生し、骨の変形を起こします。軽症な場合は無症状ですが、骨の変形が重度になると関節炎を起こし、痛みや跛行といった臨床症状を示します。また、背骨に骨瘤が生じた場合には脊髄を圧迫し、不全麻痺を起こす場合があります。スコティッシュフォールド特有の折れ耳の形質との関連が示唆されており、折れ耳の程度が強い猫は本疾患を発生しやすいと言われています。

引用元:pontely

アメリカンショートヘア

アメリカンショートヘア

●多発性嚢胞腎(たはつせいのうほうじん)

マンチカン

マンチカン

●多発性嚢胞腎(たはつせいのうほうじん)

ブリティッシュショートヘア

ブリティッシュショートヘア

●多発性嚢胞腎(たはつせいのうほうじん)

ノルウェージャン・フォレスト・キャット

ノルウェージャンフォレストキャット

●ピルビン酸キナーゼ欠損症(PK欠損症)

罹患猫はピルビン酸キナーゼと呼ばれる、赤血球のエネルギー代謝に重要な酵素が欠損しています。通常の猫に比べて血液中の赤血球の寿命が極端に短いため、持続的な貧血を呈します。貧血は生後2〜3ヶ月以降から現れはじめ、運動への不耐性や口の粘膜が蒼白になるなど、典型的な貧血の症状を示します。

引用元:pontely

ベンガル

ベンガル

●ピルビン酸キナーゼ欠損症(PK欠損症)

ラグドール

ラグドール

●肥大型心筋症(HCM)

肥大型心筋症は猫で最も発生頻度の高い心臓病です。外観上大きな異常は見られず、症状も無症状な場合が多いですが、罹患猫は心臟の壁が肥厚し、心機能が徐々に低下します。心機能低下によって血栓症が生じるリスクが高く、血栓が末梢の動脈に詰まることで突然後肢が麻痺したり、腎不全に陥る場合もあります。心筋症が重症化すると元気や食欲がなくなり、全身循環の低下によって呼吸困難やチアノーゼを呈し、次第に腹水や胸水もたまり始め、注意が必要になります。

引用元:pontely

●多発性嚢胞腎(たはつせいのうほうじん)

ロシアンブルー

ロシアンブルー

●ピルビン酸キナーゼ欠損症(PK欠損症)

メイーン・クーン

メイーンクーン

●肥大型心筋症(HCM)

●ピルビン酸キナーゼ欠損症(PK欠損症)

このような感じで、どの猫さんにも遺伝子病はあります。むやみやたらに心配する事はないでしょう。

にゃあこ
とりあえず人気の猫ちゃんがかかりやすい病気を調べてみたよ。
この猫種だから必ずこの病気になるとは限りません。
高齢になるとどの猫ちゃんもどこか悪くなります。
チコちゃん
良心的なブリーダーさんは遺伝子検査をして病気のリスクの少ない組み合わせにしているけど悪徳ブリーダーは儲け主義のため危険な交配をしているの!
だから奇形、病気の猫が生まれるんだよ。
他の猫さんの遺伝子病を調べるのなら猫の遺伝子検査【Pontely】 を参考にしてくださいね。

遺伝子検査の流れ

ねこちゃんは喋れないからDNAに聴きましょう!WEBで結果確認可能な猫遺伝子検査【Pontely】

①パソコンやスマートフォンから必要事項を入力して検査を申し込む

②申し込みから二週間以内に検査キットが送られてきます

③ペットの粘膜を採取します(頬内側をこする)

④採取した粘膜を返信用封筒送り返す

⑤専門機関にて検査

⑥約二週間を目安に検査結果のお知らせが来る

検査料金

商品内容 猫種毎におすすめの3つの遺伝子性疾患を検査 猫種毎におすすめの3つの遺伝子性疾患を検査 猫種毎に必須の1つの遺伝子性疾患を検査
料金 14,000円 9,800円 5,000円

税別価格です

スクロールしてね
チコちゃん
お支払い方法はこちらです。

●各種クレジット/LINE PAY/Amazon Pay/コンビニ決済/銀行振込/代引きを利用できます。

※代引きは税抜き50,000未満の注文になります

まとめ

この遺伝子検査が一般家庭でも出来るようになったのは最近で昔はなかったんですよ。

猫を飼っているあなたに教えたくて「猫の遺伝子検査」の事を記事にしてみました。

遺伝子検査とは

  • 家庭で簡単に出来る
  • 10年後にかかりやすい病気がわかる
  • 病気の予防が出来る
  • 遺伝子検査は一度でよい

遺伝子検査で前もってかかりやすい病気を調べておけばフードや定期検診をマメにすれば猫ちゃんの病気を予防し長生きしてくれるのではないでのでしょうか。

にゃあこ
我が家の猫さんも遺伝子検査済みです。
簡単にできるので気軽に遺伝子検査してみない?
ワンちゃんもOKですよ。
ねこちゃんは喋れないからDNAに聴きましょう!WEBで結果確認可能な猫遺伝子検査【Pontely】

Twitterでフォローしよう